【シンプルに目標達成 ネクストミッション】なぜシンプルに目標達成なのか~Vol.3~

おはようございます。

ネクストミッションの濱潟です。

 

先日、前職から仲良くさせていただいている営業マンからこんな質問を受けました。

 

「シンプルに目標達成するってどういうことですか?」

 

そうですよね。あまりにも抽象的すぎますし、そもそもシンプルに目標達成ができるのでしたら、世に出回っている「目標達成(自己実現)」関連の書籍やセミナー、講演といったものは必要ありませんよね。

 

本日は、この「シンプルに目標達成する」といったそもそもなコンセプトについて皆さんにお伝えしようと思います。

 

最初にですが、「シンプルに」とお伝えしていますが、決して、、

 

・手を抜く

・楽をする

・何も考えない

 

といった類のものではありません。

 

これまで、2500名のビジネスマンのキャリアカウンセリングを行ってきました。

9割の方に共通して言えることがありました。

 

それは、何となくの「目標設定」はできるものの、それに向かっての行動ができていないということでした。難しく難しく考え、「あるべき姿(目標達成後)」と「現在の姿(目標未達状態)」を比較し、目標設定後、短期間で出来る出来ないを判断してしまうというものです。そこでまずつまずきます。みな可能性があるにも関わらず、本当にもったいないと思っていました。

 例えば、世にいる小学生が、「将来の夢はプロ野球選手になることです」と卒業文集には書くけれど、中学生になり、入学初日に自分よりちょっと体の大きい同級生を見て、「俺は無理だ」って思うのと同じです。成長期なんだから、中学三年くらいでめちゃくちゃ体がでかくなるかもしれないじゃん・・・と私はついつい思ってしまいます。

※まぁ、プロ野球を目指す小学生は高校くらいまではそのモチベーションはある程度持続しますが・・・

 

私のいう、「シンプルに目標達成する」とは、考え方もいたってシンプルです。

それは、まずは、

 

心身ともに最高のアウトプットを出せる状態まで自分自身を持っていく」

 

ということです。

 

最高のアウトプットを出せるような状況を作り出すのはなかなか難しいですが、最高のアウトプットを出せる状態を作りだすのは実はシンプルでかつ簡単なんです。

 

私は、

 

「目標達成」=「マインド」×「アクション」×「スキル」だと思っています。

 

順番で言うと、

マインド>アクション>スキルです。

 

ブログでお伝えする内容には限りがあるのですが、概念だけを簡単にご説明します。

 

「マインド」は本当にわかりやすいと思います。「前向きになればいい、自分に自信を持てばよい」・・・とてもベタです。そういうと、「前向き、自分に自信を持つなんて無理」っていう人が出てきます。もっと簡単に言いましょう。

「自分が心の中でこうなりたい、これを達成したい」といった初心に対して素直になればいいんです。みな可能性があるんです。素直に思い続けることです。ただ、思いは持つけれど、なかなか目標にその思いが近づかず、その内、あきらめていくといった方々もたくさんいます。

 

そこで次に大切になるのが、「アクション」です。

端的に表すと、目標達成に向け、自分自身で起こす行動です。例えばですが、先ほどの野球少年の例で言いますと、「プロ野球選手」になるという目標に対して、「毎日キャッチボールを○○球する」「毎日素振りを○○本する」「朝昼晩にプロテインを○○杯飲む」といったものです。

 

そこで大切になるのが、「アクション」のポイントは「確実にできるもの、かつ確実に数値化できるもの」にします。

 

例えば、前述の、

朝昼晩にプロテインを○○杯飲む」といったものでしたら、

プロテインを飲む(確実にできること)

・○○杯飲む(確実にでき、数値化できること)

といったアクションプランが大切になってきます。

 

間違ったらいけないのが、

「体重を○○キロにする」といったものをアクションプランに入れないことです。

体重を○○キロににする・・・理由は不確実要素が強いからです。毎日、プロテインを飲んでも○○キロにならないかもしれませんよね。「アクション(行動する)=to do リスト」です。体重を○○キロにするというのは、アクションではなくPDCAでいう「P」の部分になります。「D」がプロテインを毎日○○杯飲むということです。

 

プロ野球選手になる(長期目標)に対して、○○歳までに体重を○○キロにする(短期目標)とする。その短期目標のために、「プロテインを○○杯飲む(アクション行動)」です。そこで短期目標を達成できなかったら、プロテインではなく、例えば他のサプリにかえてみるなど自分の中でPDCAサイクルを回していけばいいと思います。

 

大切なことは、「確実にできることを数値化して、確実に継続する」ということです。

あのゴジラ松井だって、毎日1000本の素振り(確実に行えること)をこつこつやっていたんですから。

 

最後に「スキル」です。

これは、PDCAの「A」の部分、いわゆる改善行動の工程で自然と気づいてきます。

達成できなかった。

「自分に足りていないスキルは何だったんだろう?」

足りていないと思ったスキルに関しては、貪欲に身につければ良いと思います。

「アクション」の工程で毎日やりきる習慣が身についている方は、この「スキル」に関してはかなり貪欲になります。

 

このサイクルを繰り返していくと、自然と、

「最高のアウトプットを出せる状況(目標達成状態)」になってきます。

 

マインドの部分での思考方法やアクションの際の継続方法などは、セミナーでより詳細ノウハウを皆さんにお伝えできればと思います。

 

まずは、

「最高のアウトプットを出せる状態」を作り出していきましょう。

みなさん、

共に成長していきましょう。

 

それでは、本日がみなさんにとって最高の一日になりますように。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■メルマガ始めました■■■■■■■■■■■■■■

メルマガ購読・解除 ID: 1672745
【ネクストグロース】目標達成メルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■