読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シンプルに目標達成 ネクストミッション】コントロールできない問題に対しての考え方が成果を決める~Vol.7~

こんにちは。

ネクストミッションの濱潟です。

 

昨日、東海道線人身事故が起こりました。

新橋で起きたとのことで、山手線、京浜東北線などは完全に止まりました。

私もオフィスから最寄りの駅で電車に乗れずに「どうしたものかな?」と思いました。

駅の改札前も人だかりができていて、みな右往左往していました。

そんな状況で数名のビジネスマン(おそらく20代後半くらいでしょうか)が仲間内で話をしています。

 

ビジネスマンA:「マジ、ありえねぇ~。帰れないし、何で人身事故なんて起こしてんだよ」

ビジネスマンB「だよな~。ありえないよな~。よりによってこの時間帯かよ。」

ビジネスマンC:「そうそう、朝だったらよかったんんだけどな。仕事する時間減るし・・・」

ビジネスマンA:「お前、悪いやつだなぁ~でも、それは言えるよな~朝だったら、俺は適当なこと言って会社休むよ~」

ビジネスマンB:「俺も俺も」

 

って会話をしていました。

 

とても残念ですね。文句しか言わない、とても生産性の低い会話をしていました。残念を通り過ぎて、もったいない、若いのに。

 

 

こういった事態が発生した時の気持ち(マインド)の持ちようは本当に大切です。

 

本日は、「コントロールできない問題に対しての考え方が成果を決める」です。

そもそも、問題には2つしかありません。

それは、

 

①コントロールできるもの(解決できるもの)

②コントロールできないもの(解決できないもの)

 

例えば、①はなかなか「売上が上がらない」「うまく客先で話すことができない」「朝の時間を有効的に使えない」といった類のもです。

 

売上が上がらなければ、自分自身のスキル、考え方、時間の使い方などを変えれば解決できるかもしれません。できる営業マンに聞くのもよいですね。うまく話すことができなければ、何千回とロープレをすればよいし、朝の時間を有効的に使えないなら、まずは早起きの習慣を身に着ければよいと思います。時間はかかるかもしれませんが、解決することは可能です。

 

続いて②のコントロールできないものですが、例えば、「明日の天気」「消費税などの国で決められたもの」「自分のルックスや血液型などの先天的なもの」が挙げられます。

 

明日、雨なのに「晴れろ晴れろ」と徹夜で祈りをするような人がいたら、まずは寝ることをお勧めします。消費税は現在、8%ですが、明日からいきなり自分だけ5%になることはありません。血液型がB型なのにそれが嫌で「O型にいつの日か変わるはずだ」と真剣に努力する人なんていません。もしそんな人がいたら、まずは通院してお医者様に自分の精神状態を見てもらった方がよいでしょう。

 

 

ただ、そういったコントロールできない問題に対して、悪あがきをし、時間を浪費する人が圧倒的に多いのも事実です。

 

全生物に共通して与えらているもがあります。

それは、「時間」です。

 

この1日24時間という時間をどのように使うか?

ここが本当に大切です。

 

コントロールできない問題に使う3時間とコントロールできる問題に使う3時間。

同じ3時間でも雲泥の差があります。

 

大切なことはこの全生物に与えられた24時間という時間の中でいかに良質なアウトプットを出すかということなんです。

 

時間の使い方は「選択の連続」です。

どこにこの3時間を使うのかというのは「自分自身の選択」になります。

 

「コントロールできる問題」もしくは「コントロールできない問題」。

あなたはどちらを選択しますか?

 

私は一番無駄なことは、「自分でコントロールできないこと」に対して使う時間だと思っています。

 

冒頭のビジネスマンもそうですが、例えば

①人身事故が起きた(自分ではコントロールできない問題)

②しばらく帰れない。どうするか?(思考の転換)

③しばらく近くの喫茶店で今読んでいる営業の本を読んでまとう(インプット)

④そして、明日この本のよかったところを同期にも共有してやろう(アウトプット)

 

冒頭のビジネスマンABCと比べていかがですか?

 

コントロールできない問題は絶対に解決できません。

変えられるのは、自分自身の「考え方(マインド)」「行動(アクション)」「技術、知識(テクニック、ナレッジ)」のみです。

 

1日24時間という時間ももちろん変えることはできません。

その変えることのできない有限なものの中でどのような選択をするかということは訓練でどうにでもなります。

 

「コントロールできない(解決できない)問題の中で思考を変える」

 

これが成果を決める一つの要素であることは間違いありません。

 

思考の転換は訓練でどうにでもなります。

 

「意識」→「ポジティブな選択」→「実践」→「検証」→「改善」

 

この繰り返しです。

 

まずは、コントロールできない問題に対して、シンプルに意識を変えていきましょう。

 

そうすることにより、他者とは圧倒的な差別化ができます。

 

 

それでは本日も「一つ上のビジネスマン」を目指し、やったりましょう。

 

 

■■■■■■■■■■■■メルマガ始めました■■■■■■■■■■■■■■

メルマガ購読・解除 ID: 1672745
【ネクストグロース】目標達成メルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■