読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シンプルに目標達成 ネクストミッション】「座右の銘」はセルフコントロールの始まりです~Vol.17~

シンプルに目標達成、ネクストミッションの濱潟です。

先日、買っちゃいました・・・

高橋由伸引退記念DVD」・・・

昔から高橋由伸大好きでした。家でDVD見て、感動している自分に恥ずかしさも多少感じますが。

何が好きかというと、彼の生き様です。大学時代に東京六大学本塁打記録を樹立し、ヤクルト入団を希望(巷ではそう言われています)したものの、22歳の青年の意思とは別に読売巨人軍に入団。その後は、第一線で活躍するものの度重なる怪我により、体はボロボロになります。それでも腐らず、結果を出し続けます。現役続行を決めていた2015年オフに突然の監督就任依頼。それを真向から受けとめ、今は読売巨人軍の第18代監督です。

 

彼からは本当にぶれない何かを感じます。

 

本日は、

座右の銘」はセルフコントロールの始まりです

 

座右の銘を皆さんお持ちですか?

意外に持っていない人が多いんですよね。

 

 

自分の中で大切にしているものを言葉化にしたものが座右の銘です。

 

もっと言うと、自分の「人生理念」です。

 

座右の銘がないというのは、ヒトの体で言うと背骨がないようなものです。

ラーメンでいうと麺が入っていないようなもんです。

プロ野球選手でいうとバットを持たずにバッターボックスに立つようなもんです。

 

 

ちなみに私の座右の銘」は「現状維持は後退である」です。

 

ここで大切なことは、ただ座右の銘を持つだけでなく、自分自身の行動と照らし合わせる訓練をする必要があります。

 

私は、一日の終わりに「一日の振り返り」の時間を設けています。

ここでも振り返りの内容は「座右の銘」に沿ったものです。

 

今日一日、現状維持で終わらなかったか?

 

現状維持だったと感じる日もあります。

 

そこをこの振り返りの時間で修正します。

 

現状で満足しない自分は明日から何をするのか?

後退することが嫌いな自分は今日の反省をどう活かすか?

 

ひたすら自分自身への問いかけです。

なぜなら、「現状維持」が嫌だからです。

正確に言うとこの「振り返り」と「問いかけ」により、究極までに「現状維持が嫌な自分」になりました。

最初は思い込みでいいんです。

鏡の前で、

「俺は現状維持は嫌いだっ!」と言うのもありでしょう。

 

現状打破するためにはどうしたら良いのかという思考に切り替わりますから。

 

この極端な思い込みの結果はセルフコントロールにつながります。

 

自分で、現状維持から抜け出すための行動プランを立てられるようになります。

 

そのためにも幹となる座右の銘は本当に大切です。

幹がないと、草木も育ちませんから。

 

みなさんも座右の銘を設けてみてください。

 

それが、セルフコントロールの始まりです。

他人や環境にコントロールされるんではないんです。

 

自分のことは自分でしっかりコントロールするんです。

 

それが目標達成(成功)への絶対必要条件です。

 

それでは、本日もシンプルに目標達成です。