読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シンプルに目標達成 ネクストミッション】我々の最大の権利は「選択の自由」である~Vol.29~

シンプルに目標達成、ネクストミッションの濱潟です。

 

10:00~11:00:税理士との打ち合わせ

11:05:猛烈にカレーを食べたくなり、カレー屋へ直行

11:12:散々悩んだ挙句、野菜カレーを注文

11:18:カレー屋に4名の学生さんと思われしメンズが入店

11:20:学生メンズ達、全員がカツカレーを頼む

 

といった午前中でした。

学生たち、みなカツカレー。

こちとら、トッピングやらなんやらで散々悩んだにも関わらず・・・

 

「俺、カツカレーにするわ」

「じゃあ、俺も」

「俺もそうしよ」

「うー、じゃあ俺も」

 

4名の会話。

ダチョウ倶楽部か??

1名多いか。

 

「カツカレー以外あるぜ!トッピングとかいいのか?野菜カレーだってうまいんだぜ。」

と心の中で思ったけど、結果的になんか悲しくなった。

 

たかがカレー、されどカレー。

メニューは30種類くらいか。

しっかり「選択」しようぜっ!

 

先日参加したとあるセミナーで、

「結果=選択×努力×時間」と学んだ。

 

確かになと妙に腑に落ちた。

僕自身、福岡有数の進学校から自衛隊の幹部育成の防衛大学校に入校。周囲からはやめておけと言われたけど、当時の僕のオツム的に防衛大学校しかなかった。たぶん、他の国立大学など無理だった。防大卒業後は、みなとは違う民間の道を選択した。その時も周囲からは反対された。特におかん。一部の同期達だけが賛成してくれた。その同期達も2~3年後にみな自衛隊を退職した。

 

IT系の営業会社に入ったけど、それも反対された。入社に必要な身元保証書を書いてくれる人なんていなかったから、自筆で書いて、すぐにばれた。

離職率が80%のいわゆる、ブラックに近いグレー系の企業だった。9年間務め、昨年末独立した。社長には一日目反対され、二日目に賛成され、三日目には退職日が決まった。独立宣言から三日目が退職日だった。解放宣言する間もなく、退職し、部下たちからは必要以上に心配された。

 

これらのことを考えたとき、周囲からすれば賛否両論だと思うけど、僕自身、

「選択」は間違えてなかったと思う。

気づけば、いつも「選択」の連続だった。安定か不安定か。ホワイトかブラックか。

野菜カレーかカツカレーか。

 

結果、今はそこそこの成果もでてやりがいも感じ始め、人にも恵まれた。

先日も一つの選択をした。これは大きな先行投資になる。ただ、直感で選択した。

 

最終的に思うことは自分が何を大切にし、何を思い、何を選択するかだと思う。

 

選択後はがむしゃらに行動あるのみ。これは、自衛隊時代に学んだこと。

 

今は、SNSをはじめとする情報系のコンテンツがたくさんあるから、惑わされることも多いと思う。右向け右だと自分の価値観と往々にして合わない場合が多いとも感じる。

 

まずは、周囲に流されず、自分の直感からの選択。

 

「私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

 

明王トーマスエジソンも言ってるくらいだから間違いない。

 

まずは、「選択」。

「失敗と成功」ではなく「成長と成功」しかないと自分に言い聞かせ、今後も来るだろう究極な選択に備える。

 

悩む習慣は捨て、考え選択する習慣を身に着けたほうが人生はきっとおもしろいと思う。

 

本日もシンプルに目標達成。