【シンプルに目標達成 ネクストミッション】ベタだけどやっぱり朝が一番~Vol.36~

おはようございます。

シンプルに目標達成、ネクストミッションの濱潟です。

 

大学時代はラッパの音で起きてた。

毎朝、06:30になるとラッパがなって起床。

そこから春夏秋冬関係なく、寮の外に出て点呼も兼ねた乾布摩擦。

声出しながら・・・

なぜかって???

幹部自衛官を育成する防大だったから。

 

今思うと懐かしい。

 

そうそう、布団もメチャクチャきれいにたたまないと、シバかれた。

ごくまれにだけど、布団を窓から放り出されることもあった。

 

06:40からは掃除。

ひたすらきれいにした。

掃除をする順番なんかも決まっていて、順番通りにしないとこれまたシバかれた。

10代後半から20代前半の大学生。キャンパスライフとは程遠い現実に心は曲がった。

でも折れはしなかった。

 

今思うと本当に懐かしい。

 

この早起きと、起きてからのがんじがらめの「行動管理」と「時間管理」。

この経験は民間企業に入って、多いに役立った。

今でも早起きは続いている。

布団もたたむことが習慣化されている。

朝の「行動管理」もできている、「時間管理」はもっとできている。

 

当時は泣けてくるほど嫌だったのに、今となれば当時の経験に感謝すらしている。

 

不思議なもんだ。

死ぬほど嫌だった経験に感謝している。

人生なんてそんなもんだ。

嫌だったことほど、インパクト大。

嫌々やっていたことほど、その後の人生に活かされる。

嫌々食べていたニンジンも今となっては超楽勝に食す。

緑黄色野菜のニンジン。嫌なものほど栄養がある。

 

あんなに早起きが嫌だった高校時代・・・

大学時代に強制的に直され、おネムの中、乾布摩擦をしたおかげで、心身ともに鍛えられた。

 

そして、早起きという習慣は今まさに活きている。

 

できるビジネスマンは朝の時間を有効的に使うとかってよく言われる。

だよね。

 

ベタだけどやっぱり朝が一番。

 

朝は制するものはビジネスを制する。

 

今となっては自然と思えるようになっている。

 

経験に感謝。

 

本日もシンプルに目標達成。